読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 覆面調査ってどんなもの?

 
覆面調査やっているんだよとあまり人に言うことはないし、
周りにやっている人はほとんどいません。
 
 
 
そこで、覆面調査についてちょっと触れておきます。
 
 
実際、簡単でおいしいもの食べられたり買い物できて、お金もらえちゃう。
 
楽しいことしておいしい思いをするんだねというイメージだと思います。
 
 
テレビなどでも、子育てのちょっとした空き時間に。みたいなイメージなので
手軽に始めてしまう人も多いようです。
 
もちろん、最初はそのイメージでいいんだと思います。
 
でも、「あ!今日時間あいてるから、なにか覆面調査」
というわけにはいかないのです。
 
早いものだと、1ヶ月~1ヶ月半くらい前から募集があって、
 
1ヶ月くらい前、遅くても、1週間前くらいには、
 
調査してくださいという依頼や日程が決まります。
 
 
調査のための手順やマニュアルがきちんとあります。
「私、ご飯食べにって、あーこうすればいいのにって思うこと多いんだ」
 
「あのお店で洋服買ったんだけど、レジの人感じ悪かったー」
 
お店の人に伝えちゃおう。お客様アンケートに書いちゃおう。
 
 
というのとは違うんです。
 
利用者アンケートとまったく違って、
そのサービス業が、普段どのように接客をしているか、お仕事をされているか。
ということを、忠実にマニュアルに従って見てくること。
そして、決まりに従って調査票を記入すること。
 
 
これが覆面調査の基本です。
 
調査会社さんによって、募集方法、報酬、調査のやり方は若干違えど、
好きなようにお店にいって、思ったことを書く「お客様カード」「利用者アンケート」とは違います。
 
・事前の準備(マニュアルの理解、指定されたものの準備など)
・実際の調査
・調査後のレポート作成
・レポート修正などの対応
 
ここまでのステップがあります。
 
そしてやっと報酬がいただけるのです。
 
時間配分としては、いろいろですが、
調査自体が1時間程度でも、
 
準備、レポート作成や、修正への対応で2~3時間ということは珍しくないかもしれません。
 
覆面調査員は、誰でもできるけれど、やはり向き、不向きもあるみたいですね。