裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 調査に当選しやすくなるにはどうすればいい? その1

覆面調査、9月10月件数がまあ平均的な感じでした。


1ヶ月のうち、5~7件という感じ。

1週間に2件弱といったところです。

ほかに短期の仕事をしたり、時間に制約があったので、

こんなものかな?という印象です。

 

今回は、

調査の依頼をもらえるためには?

について考えて見ます。

 

覆面調査員、ミステリーショッパーとして登録はしたものの、
仕事に応募してもなかなか当選しない。

そんなことありませんか?


登録したてであればその理由は
「競争率が高いから」

「調査条件にあわないから」
ほぼ、この理由のみとなります。


競争率が低めのものに応募すれば当然確率はアップします。
低めのものとは・・・


☆報酬があまり高くない
☆少し不便さが伴う(地域性・調査内容等)
☆応募から調査までの期間が短い(緊急募集)
☆条件が厳しい(同行者・調査内容等)


最初から難しいものはチャレンジしたくないものです。
しかし、調査がたくさんある地域には調査をする人もたくさんいます。
ほんの少し足を伸ばしてみる、人が動きづらい時間の物を探す。
これだけでもかなり確率はアップすると思います。


また報酬と必要経費がトントンくらい(結果として儲けが出ない)ものから
チャレンジして、実績を積むことで、調査員レベルをあげていく。
というのは是非やってもらいたいと思います。
実際にはどんな調査が当選確率が高くなるかというと、
最近みかけた実例では・・・。


☆早朝または深夜の飲食店での調査
☆夜、あるいは昼時の非常に短い時間に設定されている調査
☆高速道路上にある店舗の調査
☆購入商品と報酬がほぼ同額
☆上記よりさらに購入商品よりも報酬額が下回る調査
等があります。


某ミステリーショッピング会社の募集ページでは、

当選しやすさのめやすとなる「狙い目」というものが

それぞれの調査についているので、参考にすると良いと思います。


さあ登録したし、調査をしてバンバン稼ぎたい。
という気持ちはひとまず抑えて。


現在は覆面調査をやってみたい人がとてもたくさんいます。
調査会社側としては、「やりたい人はいくらでもいる」状態です。
調査がきちんとできるスキルを磨くこと、
調査会社さんから認めていただくこと、
それがより稼げる調査を任せられるようになる近道だと思います。