読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 調査に当選しやすくなるにはどうすればいい? その2

Hatena あるある お小遣い ミステリーショッパー 副収入 副業 単発アルバイト 在宅ワーク 覆面調査 臨時収入 簡単 短期アルバイト 買い物

fukumenchosa.hatenablog.com

 前回の記事は↑となります。

 

その続きです。

調査会社に認めてもらう という話をしましたが、

実際に、どうすればよいの?の実践編です。

 

調査会社の多くは、これまでの調査の履歴を成績表のように残しています。

調査項目に従い、きちんと調査ができているかどうか
ランク付けされているということです。
このランク付けを外向け(調査員がわかるように)つけている会社のサイトもあれば
内部のみで管理している会社もあります。


調査員ごとに細かく点数付けがされている。と思ってください。

調査に複数の調査員が応募してきたときに
これをもとに割り振りをすることが一般的だと思います。
もちろん、点数が高く評価の高い人ほど当選します。
そのため、途中放棄をする、調査がいい加減といった調査員は
当選することはなくなってきます。


本人はいい加減なつもりはなくても、

調査会社でレベルが低いと判断される場合があります。


その理由としては
☆調査項目を細かく理解していない(本人はしているつもり)
☆調査の条件を満たしていない(本人はできているつもり)
☆そもそも調査とアンケートの区別ができない(本人はちゃんとやっているつもり)


覆面調査はアンケートでもなければクレームを伝える場所でもありません。
また、購入条件や調査する内容には非常に細かな決まりがあります。
マニュアルや手順書をざーっと読んだだけで理解しているつもりになって

調査に臨んでいるのは調査票をみればすぐにわかってしまいます。

 

必ず一番最初に書かれている、調査日程や調査時間を守らない。

購入ルールを守らない。支払いルールを間違える。

なさそうですが、結構な頻度であることなんです。


上にもかきましたが「つもり」は絶対に許されないことです。
120%の理解と準備をしてから、調査に臨まなければならないと思います。
そこまでしなくても大丈夫でしょう。面倒だし。
という人にはきっと、覆面調査はむいていないと思います。


それでも、お店などに意見が言いたい人は、

企業やお店が直接行っているWEBアンケートなどで
思ったこと、感じたことを伝えたほうが良いかもしれません。


このブログではあくまで覆面調査やミステリーショッパーの仕事当選確率をアップ。
それが目的ですので、調査の手順書をきちんと読み、調査を指示どおりに進め、
求められたレベルでの調査報告をする。
ということが最終目的です。

 

あたりまえ。と思うかもしれませんが、

あたりまえ以上に手順書、マニュアルを遵守して調査に臨みましょう。

 

また、調査サイトではわからないことは問い合わせすればきちんと回答してくれます。

わからないことやあいまいなことを残したまま調査するくらいなら、

〇〇について教えてください。

△△はどうしたらいいですか?

と聞いてから調査に臨むべきだとおもいます。