裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 出張費・交通費付やプレミアムの調査を引き受けるには

覆面調査をやっている人にはおなじみかもしれませんが、

 

出張費つけます。

交通費出します。

プレミアム調査です。

 

といった文言、聞いたことありますか?

 

調査は企業から調査会社への依頼で成り立っているため、

調査期間が決められており、その間に調査が行われます。

場所や条件によって調査員がみつからない、あるいは調査は行ったけれど

手順どおりに行われず調査が無効になり再度調査が必要。

といったことも起こりえるわけです。

 

そういう場合に、急いで調査員を見つけたいとき、

出張費や交通費の支給があったり、プラスアルファの調査費が

支払われるということです。

 

当然、調査期間が短く、今日明日中にお願いします。といったことや

少し距離がある場所だったりというマイナス要素もありますが、

引き受けることができれば、プラスの金額が受け取れます。

 

ただし、これらの調査が依頼されるようになるにはそれなりの条件もあります。

 

・ある程度の調査の経験を積んでいること。

・それも回数だけではなく、過去の調査がきちんとできている人。

・かつ連絡がつきやすい人。

 

といったことになると思います。

 

つまりプレミアム調査として公開されていても、

申し込んだ人の中から、優秀な調査員をなるべく選んで依頼をしている。

ということです。

 

正直なところ、回数の実績はあるけれど調査票の納期がいつも遅れたり、

調査票自体に直しが多い人は、依頼されるチャンスはほとんどなくなります。

 

また、交通費をつけて募集します。

といわれもしないのに、最初の応募のときから

「○○円交通費お願いします。」

といった、ある意味あつかましい調査員さんというのもいます。

 

逆にこういった調査員さん、調査会社側からみたらどう思われているんだろう?

そう思うと、せっかくのチャンスを逃しているとしか思えません。

 

引き受けた調査をきちんとやること。は当然のことですが、

それ以上に、覆面調査の場合、

調査会社さん(覆面調査のサイト)とのやりとりは

ネットで行われるため、生の声でやりとりをすることはあまりなく、

顔の見えないおつきあいがほとんどです。

 

だからこそ、こちらの印象をどのように受け止めてもらえるか。

という配慮も必要なのではないかと思います。