裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 覆面調査でスマホのメモを上手に使う方法

実際に調査するとき、

調査項目はどのようにチェックし、

どのようにメモをするでしょうか?

それはきっと調査員さんそれぞれに違うと思います。

そこで、今回は私の場合どうしてるか?について

公開したいと思います。

 

一番最初に行うことは、マニュアル(手順書)のチェック。

最初から最後まで読み込み、手順等を理解します。

次に、パソコンのメールアドレスから携帯アドレスに

調査メモを送ります。

 

実際に調査の現場でメモをする基となるものです。

形態アドレスに送っておいて、それにメモをし、

パソコンメールに返信という流れになります。

 

私の場合には、パソコンで覆面調査の調査票を入力するので

このやりかたになりますが、スマホなどで入力される場合には

また別のやり方になると思います。

 

実際に調査メモとはどのように作成するのでしょうか?

下記は私のある店舗の調査メモです。(携帯に送ったもの)

※若干フェイクがあります。

------------------------------------------------------------------

調査店舗名△△△

調査店舗電話番号 △△△


09:30~12:00入店
50分以上

5000円または10000円支払い
購入1000円以上

バーコードのないもの2点以上
やわらかい商品2点以上
---------------------------------
すれ違い挨拶 
6人以上
売場名・性別・状態・挨拶・身だしなみ
---------------------------------
フロア誘導調査

表情

気配り

---------------------------------
レジ観察
稼動レジ全部

名前 性別 レジナンバー

正対お辞儀会釈
アイコンタクト
笑顔

挨拶の言葉
---------------------------------
レジ個別調査

笑顔

金銭授受

商品扱い

挨拶
---------------------------------
ストアコンディション
駐車場
店内店外
マット
ガラス

サッカー台
ドリップ
トイレ
トイレ管理表

 

------------------------------------------------------------------

 

ほぼこういった感じです。

手順書自体はボリュームもあり、チェックする内容は

かなり細かく設定されていますので、それ自体はきちんと理解し、

頭に概要をいれておきますが、メモとしては

この程度でだいたい大丈夫だと思います。

 

スーパー等の場合、

スタッフの挨拶調査、商品への誘導案内、レジ調査、ストアコンディション

このあたりが調査項目の主なものです。

挨拶の際に、笑顔で挨拶したかや柔和な表情程度であったか

など若干の判断基準の違いはありますが、

できていたか、できていなかったか等については

〇×でメモをして、非常によかった場合には◎、

女性男性の別は♀♂といった記号で・・といったふうに

マイルールを作っておくと、メモが楽になります。

 

名前をたくさんメモしなくてはいけない場合には、

電話で通話をしているフリをしながら、録音をする。という方法もあります。

 

調査内容によっては、非常にたくさんのメモや記録が必要となります。

スマホのメモやメール機能、録音機能や消音カメラなどを利用しながら

うまく調査を進めることが時間短縮や正しいメモにつながると思います。