読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》 調査を楽しむことは優秀な調査員の第一歩!

Hatena あるある お小遣い テレワーク フリーランス ミステリーショッパー 副収入 副業 単発アルバイト 在宅ワーク 派遣登録 登録制バイト 短期アルバイト 覆面調査 買い物 臨時収入

とっても久しぶりの更新となりました。


ここ最近、4月からの仕事の打ち合わせやら

資格取得の勉強やら・・

 

なかなか覆面調査もできなくて
1月も調査は数件になる見込みです。

もっとがんばりたいのですが。


今回は、調査件数アップにつながるお話。

 

調査会社さんからせっかく依頼していただいた調査。
できれば、優秀な調査員さんだなと思ってもらえるようにしたいですよね。

たいていの調査会社では個々の調査に対して、評価を行っていて、

当然調査員自身の評価にもなっています。

優秀な調査員さんは優先的に調査に当選するし、

個別に調査のご依頼が来ることもあります。


ということで、優秀な調査員さん とはどういうものか?考えてみました。

これまでにも書いたことがあると思うのですが、
調査というのはすべて、守るべきマニュアルや手順書があります。


普通のお客様が、お店に意見を言ったりするというのとは違い、
覆面調査は、企業のほうから指定のあった内容に沿って正しく調査をし、
その結果を企業にフィードバックする。
それを企業はよりよいサービスにむすびつけるために利用する。
というのが基本です。


その基本をきちんと理解し、
マニュアルに沿って正しく調査をすることができれば、

優秀な調査員さんとなるのではないかと思います。


ちょっと難しいでしょうか?
ここまで書くと、マニュアルを読み、そのとおりに正しく実行する。
と四角四面というか、面白みがちっとも感じられないような気がしませんか?
しかし、せっかくの覆面調査です。
もう一歩踏み込んで、楽しく調査をしてみるコツがあります。
そのコツは、優秀な調査員さんへのステップにもつながります。


そのコツとは
「企業さんはどうしてこういう調査をするのだろう」
と考えてみることです。
いろんな調査をしていると気づくのですが、


・挨拶ができているかやその挨拶のやり方に非常にこだわった企業さん
・なにか質問ややりとりをしてその内容がどうだったかにこだわる企業さん
・お店の買い物のしやすさや清潔度にとてもこだわる企業さん


など、その企業さんによってこだわりやクセがあるように思います。


挨拶があったか?だけではなく、その挨拶の際に
手を前に組んでお辞儀をしたか?までこだわる企業さんがあったり、
お客様がレジに並んでしまったとき、どのように対処するかということを
調査してほしいという企業さんがあったり。

商品が並んでいる棚板の奥のほうまで清掃ができていたか調査する企業さんが
あったり。


そういうマニュアルをみていると、

普段買い物をしているお店が
どういったこだわりを持ってお客様をお迎えしているのかな?
ということに気づくことがあるのです。
企業さんの努力やその方向性がちょっと見えてくるようで

なんだか面白くなってきます。


最初はマニュアルに書かれている調査内容を実行するだけで
せいいっぱいの調査も、慣れてくると面白さに気づいてきます。
面白さに気づくと気持ちに余裕がでてきます。


その気づきが、マニュアルを守ることはもちろんなのですが、
調査票作成の際のコメント記述などのときに、
必ず役立ってくるはずなのです。
そして優秀な調査員さんへのステップとなるはずです。
ただただマニュアルに書かれていることを淡々と行うだけではなく、
ぜひその裏に隠されている企業さんの気持ちにちょっと触れてみてください。