裏道・細道・回り道 だけど好きに生きてみる。

覆面調査のことをメインにポチポチと語ります。 儲かる?面倒?依頼がない?そんなギモンにもお答えします。

《覆面調査・ミステリーショッパー》手順書やマニュアル、読んでください。

覆面調査やミステリーショッピングのお仕事をするとき、

一番大切なことは何でしょうか。

 

いくら稼げるか?

簡単に稼げるか?

 

世の中、簡単に楽してたくさん稼げることなんて、

ないこと、わかってますよね?

 

主婦層向けの雑誌や、夕方のニュースのバラエティ的なコーナー、

午後7時台くらいの、情報バラエティ的な番組。

 

こういったものでよく取り上げられる〔覆面調査〕ですが、

イメージとしては、

・すきま時間を利用して簡単にお金が手に入る。

・タダでご飯が食べられて(買い物ができて)お金がもらえる。

的な、お気楽なものがほとんどです。

 

しかし、調査会社さんによっては・・ですが

実際に調査の依頼をうけて、

調査に行き、レポートを出して必ずお金がもらえるわけではありません。

 

某調査会社さん(レベルの高い調査会社さんです)の場合ですが、

印象として・・

100件の調査のうち、3~5件くらいは調査不成立となる感じです。

 

私自身は、不成立になったことはありませんが、

調査員さんは千差万別。

かんたーん。というイメージだけで応募して引き受けて、

さらーっとマニュアルに目を通して、調査をしちゃった。

という人は少なくないです。

 

多い間違いは

・調査指定時間を間違った。

・調査の中でやらなければならない指定調査をしなかった。

・決められている人数のサンプル調査をしなかった。

・調査店舗を間違った。

・レシートを受け取らなかった。あるいは紛失した。

・写真撮影が必須なのに撮らなかった。

・調査指定の購入品を間違った。

 

いずれも、調査は不成立となり、報酬は支払われません。

 

それ以外にも、

・調査票納品が決められている時間までに行われなかった。

・調査票自体のレベルが非常に低かった。

 

この場合にも不成立になる可能性が非常に高いです。

 

すべて手順書・マニュアルに書かれていること。

慣れてないなら、これ以上必要ないだろうというくらい、

慣れていても、さらに確認を重ねる。

手順書はきちんと理解・把握してから調査に臨んでください。

 

せっかくの時間を使って行うことです。

正しく正確に、次もまたこの調査員さんに調査してほしい。

と調査会社さんに思ってもらえるようにがんばりましょう。